猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 19日

サイモン・ブレット「奥様は失踪中」読了

e0030187_14212171.jpg









click to enlarge


 意外によかった。シリーズものは、初期がいいってことかしら?
パージェター夫人・シリーズ、第二作だそうである。

 シリーズ後期から読んでしまったが、なんだろう、作者も初めの頃の
方が、飽きてなくて生き生き書ける、ということだろうか。
 暗黒街の大物の未亡人・パージェター夫人を、かつての部下が助けて、
事件を解決するパターンは同じなのに、こちらは、くどくなくてさらっと
している。

 舞台がロンドン郊外の高級住宅地、住民は30~40代の上昇志向の
管理職という設定が、おかしみの元だろうか。パージェター夫人は
たしかコクニーで喋るひとだったが、気分を変えてアッパーミドルの
真っただ中に越して来る。

 手入れの行き届いた庭に磨きあげられた窓、男たちは週末にしか
家庭に戻らず(車が2台並んでいるので、それとわかる)、女たちは
それぞれ体面を保ちながら閉じこもった暮しをしている。
 高級・中級にかかわらず、郊外の住宅地は憂鬱なものだけれど、
そんな静かな住宅地の不穏な底流を、パージェター夫人は感じとり、
やがて彼女が住んでいる家の前住人が、夫婦揃って行方不明という
事態が明らかになる。

 ミドルクラスへのからかいの視線が愉しい。
     (HPB 89初 帯)






..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-01-19 14:21 | 読書ノート | Comments(0)


<< サイモン・ブレットと唐十郎に追...      (3)フィリップ・K・ディック... >>