2011年 01月 23日

マグダレン・ナブ「真夜中の訪問客」読了

e0030187_13271984.jpg









click to enlarge


 なんてこと。昨日は書いたのに、アップするのを忘れていた! もはやダメ
なんじゃないかしら。かなしい。

 フィレンツェという街と、そこに生きる人々がテーマのミステリだ。
本格好きには薦めないが、小説好きにはお薦め。

 クリスマスも近いころ、フィレンツェに住むイギリス人が殺される。
地元の憲兵隊が捜査に当り__警察と憲兵隊の捜査範囲の違い等がよく
解らないが、この事件では憲兵隊の管轄である。__、スコットランド
ヤードから派遣された英国人警官がオブザーヴァとして見守る。
 
 被害者が、どうやら古美術品の密輸入に係っていたことが明らかに
なり、イタリアの複雑な輸出入法律の解説がある。複雑さを逆手に
取ったやり口みたい。

 異国に暮らす外国人は、租界的に生きるか、とけ込もうとするか
どちらかだが、被害者は租界型だ。「英国図書館」で「タイムズ」を
読み、SFを借りる。「燃える惑星」並びに「時空の彼方より」を
借りたまま、殺された。

 フィレンツェっ子の若い憲兵は、英語ができるので捜査陣に加わって
いるが、シチリア出の直接の上司に違和感を覚える。被害者宅にあった
紅茶缶を見て、自分の家族も同じ銘柄を飲んでいると言ったら,
 「紅茶なんか?」と馬鹿にされる。
<[略]フィレンツェ人が歴史的に、英国のものなら何でも好きなことを、
 いまさら説明する気はなかった。>(p23下段)

 この「歴史的に」というのは、どんな歴史のことだろう? イタリア史
も知らないので困る。近現代史でいうと、ガリバルディとか人名は思い
出すが、どんな内容だったか。
 統一イタリアは近代の概念で、ルネサンス当時の各公国意識が、ずっと
続いていたし、いるのかしら。
 「国民国家」という幻想的イデオロギーは、結局、戦時にしか効力を
発揮できないファンタジーなのではないかと、読みながら考えた。

 ミステリとしては、眠りから目覚めたデウス・エクス・マキナが
心優しく、謎の解明を行う。季節はあたかもクリスマスなのだから。

     (HPB 90初 帯)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-01-23 13:28 | 読書ノート | Comments(0)


<< TV or not TV・・・      下谷万年町を求めて >>