猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 31日

キャフェと寒空のパフォーマーと

e0030187_12554298.jpg









click to enlarge


 1月半ばにいらした若いお客さまが、
 「毎月、最終日曜日に『げんき村』でキャフェを開いています」と仰っていた。
 「げんき村」とは、川島商店街入口近くにある、イヴェント等に使われる貸し
スペースだ。イヴェントがないときは、休憩所である。

 昨日は1月最終日曜日。行ってみた。
 入口脇にシートを敷いて着物姿の若い女性が座り、筆で何か書いている。
どんなパフォーマンスかとお尋ねするより前に、思わず、
 「寒くありませんか?」
 「ときどき中に入って暖まっています。どうぞお入り下さい」

 若いパフォーマーならその意気だと言いたいが、このところの冷え込みは
尋常ではない。地面からそくそくと寒さが凍みてくるだろう。気をつけて!

 中に入ると、年末に店に初めていらしたお客さまや、想い出用品店の方に
声をかけられる。

 ピアソラがノートPCから流れ、川島商店街各店舗の前面が、スライドショー式に
壁面に映され、店舗の流れの合間に「堂楽珈琲」の文字が入る。
 キャフェという場を使って、ゆるやかな共同体を求める試みだろう。なるほど。

 肝心のコーヒーだが、
 「酸味系と苦み系、どちらにしますか?」と聞かれて、生意気にも、
 「上手にいれられた酸味系を」とお願いしたら、その通りの味だった。
 軽くて酸味と深みがある、おいしいコーヒーだ。

 月一回だけでなく、恒常的に商店街でキャフェをやりたいと仰る。ぜひ
実現して下さい!
 「キャフェ・スプーマ」が去年の夏突然に消え、商店街にはキャフェ難民が
続出している。「キャフェ・スプーマ」があった頃、子どもを連れた若い主婦
たちがおしゃべりしたり、年配客が一休みしていた。

 買い物をしてお茶を飲める場所がある。キャフェの招致は、商店街の
シャッター通り化を防ぎ、活性化させる有効な手法だ。
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-01-31 12:46 | 雑録 | Comments(0)


<< 「弱った蚊」「新版大東京案内 ...      垂涎の的 >>