2011年 03月 04日

松濤散歩

e0030187_18294576.jpg






click to enlarge


 窓から何度も手を出して気温を確かめる。陽射しはあるけれど
寒風が辛そうだ。ぐずぐずしていたが1pm過ぎ、決心する。
 「税務署に行くけど、つき合う?」

 陽が出ているので昨日より楽。ヴェロニカが花盛りの裏道もある。
バスで渋谷の税務署へ行き、提出する。やれやれ。

 去年と同じように、松濤を抜けて東大駒場散歩のつもりだったが、
松濤を歩いただけで疲れている。風は収まりそうもないし、あきらめて
又バスで戻る。

 むかし、というのは30年ばかり昔の話だが、松濤散歩は愉しかった。
古い大きな洋館や和風住宅とコンクリートの建物とが混ざっていて、
いい住宅地だったが、ほとんどが新建材で建て直された現在は、虚ろな
高級住宅展示場に見える。

 一軒、木造住宅が残っていた。アルミサッシでない窓枠を見ると、
ほっとする。すきま風が入らないし便利な素材なのは身にしみて
解るけれど、アルミサッシは哀しい。
 木枠の上げ下げ窓なんて、とても良かったな。
 「江戸東京たてもの園」の住み込み管理人でも志願すれば、
いいのだろうか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-03-04 18:30 | 雑録 | Comments(0)


<< ニコラス・ブレイク「証拠の問題」読了      水が恋しい >>