猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 13日

帰宅難民(2)

e0030187_15152236.jpg










e0030187_15153058.jpg




click to enlarge


帰宅難民(1)より続く

 写真は、地震直後の街角と、流れが変だった新月島川。

 そのときは普通に考えて動いているつもりだったが、いま思い直せば
気が動転していたと解る。
 勝どき駅に戻って、大勢の人が歩き出しているのを見ても、
 「東京って、こんなに人が多かったんだ」としか感じていなかった。

 地下鉄が止まっているので、駅近くのドトールで休んでいたら又、
余震がある(3pm過ぎ)。外に出るよう促されたが、この程度なら
屋内にいて大丈夫と判断した。

 その後は、いかにして帰るかと考えながら、近くを行ったり来たり、
うろうろする時間が続く。大川端に降りて見上げたら、勝鬨橋を歩く
人が多い。

 地下鉄の復旧を待っていると、夜になりそうだ。通りをバスが走って
いるので、月島二小前のバス停に行ってみると「四谷駅」行き、という
のがある。

 川風に吹かれながら列に並んで待つ。どのバスもすし詰め状態だ。
やっと乗れたのが5:41pm。バス内も道路も混んでいる。
 銀座で降りた人がいるので席に坐れたが、日比谷を過ぎ、桜田門
辺りから、渋滞が酷くなり、動かないなと時間を見たのが7:30pm。
 それまでも歩くよりも遅い速度で進んでいたバスだが、三宅坂手前で
停止状態に陥る。

 車道は車で埋まり、両側の歩道を歩く人々が幽霊のようだ。
 違う! 棺の中にいるのは、酸欠でおかしくなりかけたわたしたちの
方だ。

 8pm、
 「新宿・青山方面の渋滞がひどく、いつ四谷に着けるかわかりません。
気分の悪い方、バス停ではありませんが、路肩につけますから気をつけて
降りて下さい」
 バス運転手の言葉に促され、下車。

 詰まったきりの車道のすきまを、歩く人々は縫って進む。普段は
ビルの中にひそむ人々が、いちどきに路上に舞い出ている。
 バスに乗る前、すれ違った小学生の男の子が母親に、
 「ねえ、(何とか)祭りみたい」と言っていたが、そんな面も感じ
られる。

 四谷三丁目から靖国通りへ出るつもりが、行き過ぎてしまう。
 「市ヶ谷仲之町」。どこ、ここ?! わたしたちはどこへ来て
しまったのだろう。
 女子医大通りを見つけ、何とか東新宿の見当がつく。

 3pm過ぎのドトールでホットドッグを食べたきりなので、コンヴィニ
エンス・ストアを通る度に目をやるが、おにぎりやパン類の棚は、どこも
空っぽ。チョコレートやウィンナソーセージ、それに月餅という組合せで
しのぎながら歩く。
 飲食店は、満員か、食材切れで営業終了かだ。

 東新宿で大江戸線に降りて行く人々を見る。9:50pm、試しに降りて
みると、8:20pmに復旧していた。
 わたしたちが曙橋を渡ったころだろうか。

 少し休みたいので混んだ地下鉄に乗り込むが、出発しない。
 「都庁前のプラットフォームに人があふれ転落事故が起きているので、
時間調節します」

 結局、新宿西口までの一駅で降りる。
 西口広場はバスもタクシー乗場も長い列が続く。部屋はもうすぐだ。
歩き続けよう。Sは、ふくらはぎが痙攣しそうだ。

 近所のコンヴィニエンス・ストアに残っていたおでんを買って、
部屋に着いたのが11pm過ぎ。
 歩いているときは自己防衛本能が働いてハイになっていたが、固定して
いない家具が倒れ、上に載せた軽いものが散乱した室内を目にした途端、
心が萎えた。
 Sに励まされて、ともかく寝られる状態にして3amに寝る。(了)






..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-03-13 15:16 | 雑録 | Comments(0)


<< 非日常が日常であること      帰宅難民(1) >>