猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 14日

非日常が日常であること

e0030187_16272370.jpg









click to enlarge


 携帯電話を持っていないので、部屋にいるとTVをつける。見る度に苦しくなる。
一人暮らしのお客さまに電話すると、男女を問わず、喋る相手がいないので
不安だと仰る。

 12日(土曜日)に店の様子を見に来たが、棚が倒れてなかったのには驚いた。
薄い壁にねじ釘を入れ、ワイアで固定していたのと、転倒防止という薄いゴム板を
棚下に挿んでいたのが効いたのだろうか。
 軽い本が20~30冊、飛出していたくらいだが、金曜日の疲れが残っていて、
ちゃんと片づけるのは日曜日にする。店の天井灯のレジ付近が点かない。

 13日(日曜日)。早めに締めて帰るとき、外壁のモルタルが剥がれている
のに気づく。

 今日、大家さんに連絡したら、壁は手配して下さるとのこと。昨日は電気屋
さんが忙しくて見てもらえなかったが、今日、来てくれる。天井灯は、棚が
地震で少し傾き、スィッチに触って、オフになっていただけだった。

 連日、余震が続く。下町で地震に遭ったが、武蔵野台地にあるこちらとは
揺れ方が違うような気がする。杉並区に住む義母に聞くと、怖かったけれど、
大丈夫とのこと。

 1~2階住まいと5〜6階以上の住まい、木造とコンクリートでも揺れの感じは
違っているようだ。

 原発は、どうなるのか。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-03-14 16:27 | 雑録 | Comments(0)


<< 営業しています      帰宅難民(2) >>