2011年 03月 22日

大岡昇平「成城だより 3」読了

e0030187_1330576.jpg









click to enlarge



 買取り本にあった「成城だより 3」(大岡昇平 文藝春秋 86初 帯 J)読了。
そのうち第2巻も入るだろうがしかし、大岡昇平もまた、エッセイしか読んで
いない。

 自伝「少年」だったかしら、昔、読んだことがある。渋谷はほぼ全域、
大岡昇平のシマだと覚えている。
 いまの「文化村」辺りがたしか、彼の出た大向小学校跡、遠足には代々木
八幡に出かけた、だったと思う。それしか覚えてないのが、ひどい。

 「成城だより 3」は戦後40年の1985年の記録。心臓を患う75歳だが、
体調に気を使いながらも好奇心は旺盛だ。少女マンガに読みふけり、
5歳の孫娘から、そんなに読んでどうするの?と聞かれて、一瞬言葉に
詰まり、「少女マンガ、描くんだ」と応える。

 ルイーズ・ブルックス復権の記事も多い。わたしも彼が監修した写真集を
持っていた。地下室への水漏れで喪ったけれど。

 敗戦記念日近い頃、日航機が御巣鷹山に墜落したときでもある。
 9月1日付けより引用__

< 一、半官半民の日航はその処置混乱、にせの発表により、問題外の
 みそを付けた。[以下略]
  二、ボーイング社、かかる規模の事故は機体構造に関するはずなのに、
 真剣に取組む姿勢示さず、不誠実かつ傲慢なり。それに対して抗議できない
 運輸省、日航は情ない。  
  三、[略]
  四、自衛隊機スクランブル、[中略]役立たずの本質暴露せり。ただし隊員は
 よくやった。アナはずっと黙っていたが、戦場へ行った者にはぴんと来る屍臭の
 中で、よく働いた。指揮官悪し。
  五、[略]>(p193~194)

 いつになっても大事故が起きると同じような対応になる。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-03-22 13:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< 人間的?      冷たい雨が降る >>