2011年 03月 26日

からっぽ

e0030187_16111494.jpg









click to enlarge


 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄


 少し風邪気味のSにつき合っていた病院の待合室で、ふっと気づいた。
うつろになっていると。

 3・11から二週間、TVに映される海嘯の痕の風景を見ても、「消えた街」
という言葉に置き換えるだけになっている自分に気がつく。生き延びた人々が
避難所暮しの苦痛を耐えているのも、頭で理解できるだけ。感情が伴わなく
なっている。
 いや、それは地震当日からそうではなかったか。

 日々伝えられるおびただしい数の死者と被災者の数字は、個々のひとびとを
捨象し、天災を前にして、わたしは思考停止状態で立ちすくむ。死者への
哀悼の思いも、被災者に抱く悲しみも嘘ではないのに、それがわたしの感情
であると実感できない。感情とわたし自身との間に、距離がある。

 巨大地震と大津波に続く現在進行形の原発事故で、わたしの現実認識力は
許容量を超えてしまい、原発事故の行く末を見守ることにしか反応できなく
なっている。

 神戸の1・17や関東大震災の震度から見れば、わずかなものでしかない
地震だったのに、恐怖がわたしの中に根を下ろし、はびこっている。それ故の
無反応状態であろうと認識することで、いまの自画像をデッサンする。ほんとは
間違った自己分析かもしれなくても、なんらかの自分の輪郭線を欲している。
そこからしか始められないので。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-03-26 13:25 | 雑録 | Comments(0)


<< 「野球殺人事件」「日本人が築い...      田島莉茉子「野球殺人事件」のみ読了 >>