猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 31日

ドロシイ・S・デイヴィス「暗い道の終り」/メアリ・インゲイト「堰の水音」読了

e0030187_13223657.jpg









click to enlarge


 前者は1960年代末、ニューヨークの下町に暮す助任神父が主人公、
後者は、1920年代をイングランドの田園地帯で過ごした娘の手記の形を
とる。

 「暗い道の終り」は、神父の悩み方がいい。ヴェトナム戦争が続き、
街にはヒッピーの溜まり場、ゲイの溜まり場が見られ、貧乏人街の喧噪と、
お金持ちたちのエレガントな生活とが同時進行する時代に、カトリックの
神父として勤めるとはどういうことかと、彼は悩む。

< 「つまり、この世におけるキリストの代理人になり、人々が正しい
 行いをするように教え、助け、挫(くじ)けたときは力づけ、その弱さを
 許すことだ」その言葉は自分にとって、ひどく空(むな)しく聞こえた。
 激しく鳴る心臓の鼓動にくらべて、何と弱い言葉だろう。>(p173上段)

 彼の教区で殺人事件が起こり、臨終に居合わせた主人公・マクマハンが
警官と話すシーン__

< マクマハンは、「ブローガンさん、なぜ警官をしているんです?」
  若い刑事は顔を赤くした。「徴兵のがれですよ。わたしは、自分なりの
 法と秩序を守りたいんです」>(p36下段) __こんな時代である。

 被害者は、時代と関係なく、アウトサイドして描きたい絵を描き続けた
画家だ。ビートなキリストにも思える。
 彼がどんな人であったか、何を考え、どう行動したかを、絵描きの死に
よって彼を知った神父と残された人々とが考える部分が、むしろミステリに
なる。ミステリの主軸は、加害者の殺す理由にはない。
 わたしにとってはストレート・ノヴェルだった。
     (HPB 73初)

 「堰の水音」は、古き良き美しきイングランドの田園風景、そこに建つ
ミル・ハウスという館の情景が、いちばん書きたかったのではないかと
思わせるミステリ。ストーリー的には因果もの、だろうか。
     (HPB 76初)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-03-31 13:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 鈴木創士「ロートレアモンの失踪...      欠落こそ我れ >>