猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 05日

平山蘆江「小説 ひだり褄」読了

e0030187_13583174.jpg









click to enlarge


 戦前の花柳界が舞台だが、いつ頃の戦前かと読んで行ったら、尼港
(ニコライエフスク)事件のせいで世の中がごたつき、自前になろうと
している芸者のヒロインの引越先が決まらなかったり、芸者屋の亭主
(元軍人)が、もう芸者の芸では古い、エロ・グロ・ナンセンスの風潮を
当込んで、抱えの芸者をヌードダンサー集団に変えようと試みる初日に、
関東大震災が起きたりする、大正期・1919年末から1923年末までの
山の手(たぶん神楽坂)花柳界の物語だった。

 同じく芸者であっても荷風のヒロインだと、あくまでも滅びゆく
うつくしいオブジェとして、男の(作家の)眼差しの対象として存在
するが、平山蘆江「小説 ひだり褄」では、女性の職業としての芸者像、
自立志向の女性像が描かれる、経済・風俗小説である。

 ヒロインは古風に芸熱心だし、周囲への気の使い方や理解が細やかで、
江戸前の芸者風な気持の強い女性なのだが、旦那取りすると束縛される
ので、極力、男からお金をもらうことを拒む。ここらの頑なさを芸者の
意地と見るか、どうか。
 ヒロインの実家が東京ではなく、信州出身であるのと、関係しているの
だろうか。

     (住吉書店 52初)
 





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-05-05 13:59 | 読書ノート | Comments(0)


<< 杉並散歩      黒岩涙香他「文豪ミステリー傑作... >>