2011年 05月 11日

地震国での原発実験を止めよう

e0030187_1495497.jpg









click to enlarge


 5月9日付け東京新聞朝刊で、地震学者・茂木清夫が述べている。
浜岡原発以外の原発も止めよう、と。

<日本は環太平洋地震帯の一部である。
 地震も物の破壊もまだよくわからないことが多い。
 原子炉本体は頑丈でも、複雑な配線や装置が取り巻く複合体だから、
弱い所に力が集中したら何が起きるか分からない。絶対大丈夫なんて
ことは絶対言えない。
 第一級の地震多発国で、「原発実験」をやってはならない。ほかの
手を一生懸命みんなで考えようよ、ということじゃないかね。>

 地震がないヨーロッパでも、使用済み燃料の保管は、深く穴を掘って
何十万年単位で眠らせるしか方法がない。
 
 浜岡原発を止める2、3年の間に、他のエネルギーを本気で開発する
べきであり、日本全体で節電実験を試みるべきだろう。全国の駅やビルを
東京並の暗さにしたら、原発何基分のエネルギーが要らないかが解る。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-05-11 14:10 | 雑録 | Comments(0)


<< EP-4のCDと一欅庵でのイヴェント      野村胡堂「胡堂百話」再読 >>