2011年 05月 18日

バタイユ「ランスの大聖堂」読了

e0030187_14381293.jpg









click to enlarge


~5月17日より続く

 レーモン・ルーセルのエピソードを書き抜いておく。

< カミーユ・フラマリオンの家での夕食(天文台を訪れたあとの)
 から、レーモン・ルーセルは、五つに枝分かれした星形の小さな
 ビスケットを一つ持ち帰った。彼は、このビスケットと同じ大きさ、
 同じ形の銀の箱を、ガラス蓋付きで、作らせた。そしてそのなかに、
 ビスケットの星を入れ、ごく小さな銀の南京錠で鍵をした(この
 南京錠は数ミリあるかないかのものだった)。この銀の箱には羊皮紙
 のラベルが貼られ、小さなビスケットの出所が分かるようにされた。
 ルーセルの死後この箱は売られてしまったが、幸運にも蚤の市で発見
 された。この箱は私の所有とはならなかったが、数ヶ月間私の引き出し
 のなかにあった。そして今私はこの箱について心の動揺なしに語ること
 はできない。ルーセルの謎めいた意図は、食べることができるという
 この星の特徴にはっきり結びついていたように思える。明らかに彼は、
 実際に食べる場合よりももっと多くの重要性と現実味をもって、この星
 を摂取したかったのだ。この奇妙な箱が意味することは、私に言わせる
 と、<夜空の星を食べる>というルーセルの育んできた夢をルーセルが
 彼なりの仕方で実現したということなのである。>
 (p097-098)

     (ちくま学芸文庫 05初 帯)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-05-18 14:39 | 読書ノート | Comments(0)


<< 昨今の川島商店街      バタイユ「ランスの大聖堂」もう少し >>