2011年 05月 19日

昨今の川島商店街

e0030187_16445178.jpg









click to enlarge


 お店が消え住宅に代わることの多い商店街であるが、当店近くでは、
お店がお店に代わって行きそうだ。

 向って左隣、土曜日は魚屋さんになる、お魚系お弁当屋さん。右隣は
目下、準備中の「アジア雑貨とお洋服の店 KeropSayap」。その裏手は
4月末に開店したアンティークドールや昔着物(とそのリメイク)のお店
「レトロ舎」、という一郭ができつつある。

 高円寺パル通りみたような、昔からのお店と若い人々が新しく始めた
お店の混在が、理想の商店街なので、この動きはうれしい。

 次は、そう、喫茶店である。毎月最終日曜日に出張キャフェを開かれる
堂楽珈琲の皆さん、お待ちしております!
 実店舗を構えると維持するのが大変だけれど、先日の門前仲町「エスポ
ワール」の落着きようを思い浮かべると、地元に長く在り続けることの
すてきさ、は何ものにも代えがたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-05-19 16:08 | 雑録 | Comments(2)
Commented by at 2011-05-19 22:22 x
以前コルタサルの本を購入し、フエンテスについて書き込みした者です。
川島商店街近くで育ち、30年も戻ってない私ですが、商店街健在のニュースは嬉しいかぎりです。
猫額洞さんのお店からも近い、「弥生高齢者福祉センター」のある所(昔、官舎だったのです)で暮らしていました。(一度ストリートビューで地理を検索しました)

猫額洞さんのBlogについても、拝見すると好きな作家が話題だったり、
鈴木創士氏(アルトーについての本など昔読みました、彼の特異なキャリアについては初耳)の名前が出てきたりして、驚くばかりです。

休日は閉店のようですのでいつか平日に行けたらなと思ってます。
(色々古本をたずさえて)
Commented by byogakudo at 2011-05-20 19:34
大川端と「女王人形」の方ですね、どうもありがとうございます!
「弥生高齢者福祉センター」が官舎跡とは知りませんでした。この辺り、方南通り近くには大蔵省の官舎がありますし、役所や会社の集合住宅が多い郊外だったのでしょうか。
金曜日に加えて月曜まで定休日にいたしましたが、いつかお目にかかれましたら、うれしいです。お待ちしております。


<< 両国〜森下から浜町へと歩く      バタイユ「ランスの大聖堂」読了 >>