猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 23日

煙草がおいしく、雨が憂鬱

e0030187_12243499.jpg






click to enlarge


 4月20日頃の風邪ひき以来、煙草の量が減った。風邪の真っ盛りには
吸う元気がなく、少し回復しても味が変わってしまって、いやな不味さが
喉に残るだけだから、吸いたいとは思わなかった。

 3週間後、一日2本ほど吸うようになり、いや、5本を限度にしようと
決めた。おいしいの、ニコチンが。

 押上辺りを散歩したときだったか、シャッターに消えかけた文字で、
大昔の専売公社のキャッチコピー「今日も元気だ 煙草がうまい」を
見かけた。

 店に来る前、1本吸った。時間に読点が打たれ、肉体に存在を自覚
させる。ニコチンに美点があるとしたら、ここだろう。
 外に出ると、ときどき雨粒が顔にかかる。風に舞う雨粒にも汚染を意識
せざるを得ない日々が、気を重くさせる。原子力は、自己破壊的な武器
にしか使えないエネルギーだ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-05-23 12:25 | 雑録 | Comments(0)


<< 本が読めない      フレドリック・ブラウン「火星人... >>