2011年 06月 12日

ジェーン・オースティン「説きふせられて」読了

e0030187_131219100.jpg









click to enlarge


 写真は、柳橋畔「増田ビル」。


 退屈さを愛でる能力が高い(誰と比べて?)と自認しているが、
さすがにこれには参った。

 別にストーリー的に波瀾万丈でなくっても、言葉の力に引きずり
込まれる作品がある(「シルトの岸辺」とか)が、「説きふせられて」
には、ちっとも説きふせられなかった。

 途切れ途切れに読んだことも退屈の一因だけれど、大人の意見を
取り入れて、一度は別離を選んだ英国の貴族令嬢が(19世紀の話である)
再び、かつての男性と巡り逢い、彼も地位ができていたし、お互い貞節で
あったことだし、ようやく結婚しましたってストーリーに感情移入する
のは、大変難しい。

 ヒロインが女性の立場について熱く語る場面は、多少フェミニズムの
萌芽とも感じられる(が、だからどうした)。キャラクター設定から、
ちっとも皆さん、成長しないのが退屈さの最大原因であろうか。
 ホリエモンに読ませたら、なんていうだろう。読み通せないかな。
     (岩波文庫 01年4刷 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-06-12 13:12 | 読書ノート | Comments(0)


<< ヘンリイ・スレッサー「ママに捧...      「ひとりっきりの戦争機械」刊行... >>