2011年 06月 20日

それでも原発がお好き?

e0030187_12541236.jpg









click to enlarge


 浪江町で、この春生まれた耳のないウサギがyoutubeにある。

 事故処理に当たる作業員の被曝、被曝ではないが過労死した方もある。
原発での事故処理作業とは知らされず、連れて来られ、
 「将来、体調を崩すことがあっても補償を請求しない」旨、誓約書を
書かされる例も聞く。

 他人の死の上に成り立つ、便利な生活なんてしたくない。
 今まで反対して来なかったのに、と言われるなら、情報を隠そう、
隠そうとして来たのは誰だろう。

 ドイツは他国から原発による電気が買えるからね、と言って脱原発
宣言を貶めようとする輩・・・。まず大目標を立てることが必要だろう。
少しずつ理想に近づける態度を見習うべきではないのか。

 日本では「いちおうチェックしたみたいだから原発を動かしてくれ」と、
大臣が発言する。唖然として言葉も出ない。防護服を着てフクシマに
行った男が、結局なにも見て来なかったのか。

 国民は納税の義務を持ち、国民の生命安全を図るのが政府の役目である
とされているが、それは建前に過ぎず、知ったこっちゃない、のなら、大臣で
ある資格はない。

 原発以外の発電設備を使って、どれだけのエネルギーが生み出せるか、
足りなければ足りないなりの工夫をして、生産と消費のサイクルを動かし
続ける知恵を絞るのが、3・11以後の政府や民間事業者、わたしたちの
行為だろう。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-06-20 12:54 | 雑録 | Comments(0)


<< 鮎川哲也編「見えない機関車」読...      「マチェーテ」他 >>