猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 09日

森達也「放送禁止歌」中断中/フレーザー「陰画応報」半分弱

e0030187_14215485.jpg









click to enlarge


 以前、古書展で買って忘れていたフレーザー「エイブヤード事件簿
陰画応報」(講談社文庫 80初 J)、「汚名挽回」を読んでいるが、
あれはどんな話だったっけ?
 覚えていないのは、年のせいと暑さのせいだ。昨日、暑い盛りに
(長距離ではないが)とぼとぼと歩いていたら、夜、頭痛がした。
 やや熱中症だと自己診断。

 1970年に原作刊行の「陰画応報」に、
< 牧師はポケットから、一冊の本を取り出した。『ブルックリン
 への最後の出口』だ。夕食前の短い時間に読むつもりなのである。>
(p19)

 日本語訳「ブルックリン最終出口」が出版されたのが1968年、
「陰画応報」日本語・文庫本は1980年だ。
 最初は単行本で出たかどうか解らないが、原作と同年に日本語訳
刊行だったとしても、68年刊の「ブルックリン最終出口」が先行して
いるので、できれば、そのタイトルで訳してもらいたかった。

 ああ、暑さでますます重箱の隅病が悪化する。
 p21の< トップライトを消した部屋で、ニーナ・シモーネの
レコードが流れていた。>__一般的な「シモン」でいいんじゃないか?
 いちいち、こんなところに、ひっかかるのが病気である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-08-09 14:22 | 読書ノート | Comments(0)


<< 森達也「放送禁止歌」中断中/フ...      山口冨士夫 >>