2011年 08月 30日

E・S・ガードナー「嘲笑うゴリラ」読了他

e0030187_15193356.jpg









click to enlarge


 これは誰が誰だか解った。けれど、なんだか変な話。謎解き場面は
ディクスン・カーもびっくりなトリックだし。

 大富豪殺しの容疑をかけられる元家政婦のキャラクターがよく出ている。
苦労し過ぎて、きつい性格になった中年女の人間不信ぶりが伝わってくる。
 大富豪に可愛がられる美人の元秘書と、互いに嫌い合ってる様子も、さも
ありなん。(そうか、この線で、ひたすら暗いストーリー展開すれば、メグレ
ものにもなれる。)
     (HPB 56初)

 森銑三「新編 明治人物夜話」(岩波文庫 02再 帯)を読み散らかしたり、
森達也「放送禁止歌」(光文社 知恵の森文庫03初 帯)は中断したまま。
 集中して読めない日が続く。やだなあ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-08-30 16:51 | 読書ノート | Comments(0)


<< 宮田紋三・宮田勝太郎「製本生活...      E・S・ガードナー「転がるダイ... >>