2011年 08月 31日

宮田紋三・宮田勝太郎「製本生活九拾年」読了

e0030187_13185730.jpg









click to enlarge


 webで見てみるに、たぶん明治17年創業の宮田製本所の初代と
二代目の文章を集めた饅頭本だけれども、出版関係に贈る饅頭本なので
そこらは当然のこととしてデータがない。社史ではないから仕方ないが。

 初代・宮田紋三が晩年に書いた文章が大半だ。総タイトルは「製本
生活九拾年」であっても、初代の文集タイトルは『古今見聞漫談集』、
二代目・宮田勝太郎は『思い出さまざま』である。あまり製本の話は
出て来ない。

 特に初代の残した明治の昔話は、それこそ「明治百話」の世界だ。
銀座に瓦斯燈が灯っても歌舞伎座の辺りは釆女ケ原の明治の風景が
書かれているが、文集の中心は関東大震災の記録である。

 元は箱入りだったのではないかと思うが、これもデータがなくて
解らない。緑色の布装、洋本仕立てでありながら、薄い緑がかった
灰色のやや厚手の用紙は二つ折り、和本の記憶も伝えている。
 活字の色も黒々とし過ぎなくて気持のいい本だ。

     (発行者・宮田文一 印刷者・相川貞義 製本者・宮田四郎
     昭和47年 非売品)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-08-31 13:11 | 読書ノート | Comments(0)


<< 今日のひとこと      E・S・ガードナー「嘲笑うゴリ... >>