2005年 10月 22日

ほとんどの方に取っての週末、

当店には週明けの土曜日、これでほぼ3週連続雨だ。10月って こんなに雨が続いて
いたかしら? もう駄目ですね。

 これほど人気(ひとけ)がないのに、本を買いに出る気力はどこから出てくるの
だろう? 
 惰性?まさかと思うけれど、休日の一日をずっと部屋で過ごすのも疲れるし、
探し始めれば それなりに生き生きして来るし、やっぱり惰性の一種でしょうか?

 昨日買った「もう生きてはいまい」(ハーバート・ブリーン HPB 56年3刷)と
「横浜ミステリー傑作選」に「乞食のナポ」(益田喜頓 六芸書房 67初)を抱えている。
 「もう生きてはいまい」は 40頁の段階では、面白いかどうか判断つかず。主人公
(雑誌社の写真記者)と婚約者との会話がとても丁寧、上品だ。
 舞台はマサチュセッツ州コンコード、エマースンとソローが合作した小説の原稿が
存在するという伝説をめぐる話になるそうだが、まだまだ行き着かない。
 江戸川乱歩の解説を見ると、出版当時は、エマースンは知られていてもソローは
ほぼ無名扱いなのが、隔世の感。


新着本

クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-22 15:46 | 雑録 | Comments(0)


<< 15秒間遅延方式?による断煙法を      森茉莉付近 (3) >>