猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 04日

J・A・ジャンス「復讐の女神の裁き」読了

e0030187_1243566.jpg









click to enlarge


 遅々たる歩みの読み方になったのも無理ないか。登場人物の誰にも
興味が持てなかったし、なんだかポイントの定まらないストーリー
展開だった。
 作者が遠くから登場人物を眺めて動かしているような感じを受けた。
小説ではなく、ノンフィクションとかドキュメンタリが向いているのでは
ないか、という感想。
 欠点がない代わり魅力も感じられないって、小説としては問題だろう
と、他人(ひと)の欠点は非常によく解る。

     (教養文庫 91初 帯 J)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2011-10-04 12:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< 商店街にキャフェ再び      安部公房「箱男」も読み始める >>