2011年 10月 13日

内藤陳「読まずに死ねるか! 3」途中

e0030187_1434499.jpg









click to enlarge


 写真は人形町裏手あるいは、ここも日本橋富沢町かも
しれない、寛ごうとしたところをお邪魔してしまった猫。


 そろそろおしまいのガードナー「吠える犬」を読み終えようと
したら、バッグにない! 昨日、買取りに行く前にバッグを軽く
しようと本を出してレジ脇に置いて、そのままだった。

 内藤陳「読まずに死ねるか! 3」も途中だったので、読み進める。
しかし、冒険小説やハードボイルドをあまり読んでいないので、
面白いと言われても、ピンと来ない。

 ジョン・バカンとかグレアム・グリーンは、この範疇ではないのか?
好みが古風だとは思うけれど、血湧き肉踊らない、アクション盛り沢山で
ない小説のほうが、どちらかと言えば楽しめる。アクション映画やノアール
なら、どんなにきざな台詞を吐かれようと気にならないが、活字で読むのは
いささか辛い。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-10-13 14:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< E・S・ガードナー「吠える犬」読了      「諸国漫遊バール 美鈴商店」... >>