猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 19日

内藤陳と岡本かの子併読中

e0030187_1421946.jpg









click to enlarge


 内藤陳「読まずに死ねるか! 3」は宴会記録が楽しい。熱海で
開かれる会合なのに、ろくに温泉を味わう間もなく、ほとんど飲んで
ばかりのようだ。酒場「深夜+1」の夜との違いは、出席者数と
場所の拡大版であること、らしい。

 冒険小説にノレない質なのに「深夜+1」の解説というか、説得
ないし折伏には、なんだかノセられる。いつか読んでみよう。

 岡本かの子は古い新潮文庫版「老妓抄」。ちくま文庫の全集を
短歌編を除いて全部読んだので再読になるが、豊かな小説だと
あらためて思う。彼女のエッセイはつまらないが、小説はふっくりと
豊饒である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-10-19 13:15 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「アルトー24時」続く?      ZEBRAハイパージェル0.7... >>