猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 03日

横溝正史も読む

e0030187_1223651.jpg









click to enlarge


 そうだ、横溝正史と渡辺温は「新青年」編集長と編集者だったと
思い出し、積み上げてある横溝・文庫本から物色する。神戸での
「女子の古本屋」フェアに卑怯にも出さなかった文庫初版と、その後
入った文庫本の山成す中から、「青い外套を着た女」ともう一冊を
持ち帰る。

 「青い外套を着た女」は、雑誌に掲載されたきりの短篇をまとめた
そうだ。1930年代後半の風俗小説としての興味で読んでいる。
 「モダーニズム、最後の輝き」は渡辺温の接頭辞だろうが、横溝も
又、モダーニストであることを、つい忘れる。土着は近代の成立により
発見されたのだ。
     (角川文庫 78初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-11-03 12:03 | 読書ノート | Comments(0)


<< お墓参り      黒木和雄__もったいない >>