猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 31日

「東京の地霊(ゲニウス・ロキ)」読了

e0030187_16354887.jpg









 面白かったけれど装幀に疑問。平置きしたときを考えたデザインだろうが、
菊池信義風?に「ひらの文字」下に影が付けてあったり、「ひら」四隅が
ジャポニスムめいた意匠で縁取られていたりするのが、果たしてふさわしいかしら?
 何か違うという感じがする。

 後記に「ゲニウス・ロキ」と「アニマ・テラーエ」の概念の違いについて
述べられている。
 「ファウスト」第一部 冒頭に現れる「地霊」はErdgeistであり、錬金術的な思想に
連なる 大地そのものの力のことであり、この概念はAnima terraeに結びつく。つまり
Erdgeist「地霊」は場所・locusではなく、大地・terraに至る概念だそうである。
 これに対し「ゲニウス・ロキ」は、
 「ある場所の『雰囲気』がそのまわりと異なっており、ある場所が神秘的な特性を
持っており、そして何か神秘的なできごとや悲劇的なできごとが近くの岩や木や
水の流れに感性的な影響をとどめており、そして特別な場所性がそれ自体の『精神』を
もつとき」、そこに「ゲニウス・ロキ」の存在が認められるそうなのです。

 シャンとしない要約・引用で申訳ない。要は、日本の翻訳の歴史上、大地の力を
意味する「地霊」がまず作られたので、同じく「地霊」と訳すしかなさそうな
場所性の概念・「ゲニウス・ロキ」は、「地霊」と書いて「ゲニウス.ロキ」と読んで
下さい__って要約でいいのでしょうか? どうも頭が廻らない。

 装幀だけ見ると、わたしには大地性の「地霊」が感じられて仕方ないのです。たぶん
タイトル文字の影のせいで。


クリックをよろしく!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-10-31 15:55 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by ギンタロウ at 2005-10-31 20:28 x
コウノトリになった王様の呪文を見つけました。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1339626 にありました。

バグダッドの王様カリフ・カシドが、ある日、商人から黒みがかった粉の入った小箱と奇妙な文字の書いてある紙を買いました。その紙には「この小箱の粉をかいだ後、『ムタボウル!』と叫べばどんな動物にもなれ、再び人間の姿に戻りたい時には東に向かって3度おじぎをし、もういちど『ムタボウル!』と言え。ただし動物の形をしている間は決して笑ってはいけない。もし笑ったら、呪文を忘れ二度と人間には戻れない」

と、言う事らしいですよ、、、、、
Commented by byogakudo at 2005-11-01 14:36
ギンタロウ様、わざわざ ありがとうございます。
「ムタボウル!」、更に東に向かって3度おじぎ・・・。
「ムタボウル」って、やっぱり忘れやすい響きの呪文ですね。


<< また短篇ミステリ集に戻り、      眠い日 >>