2011年 11月 30日

横溝正史「憑かれた女」読了

e0030187_15383251.jpg









click to enlarge


 写真は、昨日も書いた、忘れられたような納屋で。

 横溝正史「憑かれた女」収録の「首吊り船」と「幽霊騎手」には、
大川での船による追っかけシーンがある。

 「首吊り船」では、怪しい汽艇をモーターボートで追いかける。
< やがて二艘の船は永代橋の下を通り過ぎ、石川島造船所の黒い
 煙突を左に見ながら、佃島(つくだじま)から月島の埋立地へとさし
 かかる。聖路加(せいろか)病院、水上署、そういう建物が濃い霧の
 中に黒ずんで見えている。怪汽艇はそういう建物を尻目にかけ、
 隅田川からとうとう東京湾へ出てしまった。>(p150)

 怪汽艇は東京湾で左へ迂回、しばらく埋立地沿いに進み、やがてまた
左へ迂回、越中島を目指し、東京湾を一周して、「東京湾汽船発着所」
なる桟橋に着ける。

 「幽霊騎手」での追っかけは、悪人の乗ったランチは<佐賀町を左に見て、
永代橋のしたを>くぐるが(p311)、東京湾に出る前に水上署のランチに
捕えられる。

 どちらも夜間の追跡シーンであり、前者は濃い霧の夜、後者は
< 月が浅野セメントの煙突のうえにかかって、川上は銀を流したように
 明る>い夜だ。(p311)
 どちらにも、川沿いのお屋敷が出てくる。

     (角川文庫 1977初 J)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2011-11-30 15:39 | 読書ノート | Comments(0)


<< 鈴木創士氏のコラム/篠原知子さ...      寒々しい >>