猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 14日

大川に呼ばれて

e0030187_13185161.jpg









click to enlarge


 1pm頃、部屋を出る。気象情報によれば10℃になるらしいので、
昨日は地下鉄新宿線・馬喰横山に降りた。大伝馬町辺りを歩くつもり。
 三鷹の天文台にも行きたいのだが(冬枯れしてきれいだろう)、
吹きっさらしを行軍して、また風邪でも引いてはたまらない。

 A2口を出た途端、スクラッチタイルの古いビルに遇う。問屋街を
うろついていると、角に見えるはハリオグラスのビルじゃないか。

 堀留町(名前がすてき!)のビル陰にある、小さな三光稲荷に
お詣りする。外塀には、
<神さまに排気ガスが掛かるので 前向駐車をお願いしています>と
掲示してあるが、三台中一台しか実行していない。

 ぶらぶら歩きを続けると、いつかの「ダイハツ」と「NISSAN
チェリー取次店」、富沢町である。ハリオの裏になる。水槽の
メダカも健在だ。

 長屋を利用した飲食店街らしき背面を見る。表に廻れば、久松町
である。通りを走る猫を見つけて追いかけると、お食事中。

 久松小学校脇を過ぎ、通りを渡ると笠間稲荷だ。お詣りする。
古い狐像がいい。昔は町なかのお稲荷さんがどうも怖かったけれど、
近頃は怖くなくなった。
 もう浜町である。甘酒横丁の明治座側に来る。<創立1879年11月
22日>のプレートのある日本橋教会があった。

 薪束が積み重なって置いてあるお店や、売り物件と表示された小さな
床屋さん、靴屋というより履物店、有明海の海苔を売る商店など、まだ
ビルの間に残っている。

 休憩して身体を温め、また歩き出す。去年5月20日、両国から歩き
出したときに遇った「山村病院」(外壁の蔓薔薇がよかった)から、
大川を目指す。
 新大橋を渡る小学生を見る。橋の下を水上バスが通り、最後尾の
デッキに立つ、一眼レフを下げた男性が両手を振る。思わず、片手で
挨拶を返した。

 橋を渡り、隅田川テラスに下りて日向側を清洲橋方向へ少し歩き、
また上がる。
 月曜日にも歩いた森下への道をたどる。
 八名川公園って、盆踊り大会の日に通ったじゃない! あんまり
暑くて、「路散人(ろさんじん)」という腕章をつけて歩こうかと冗談を
言った、あの公園だ。
 4pm、森下で大江戸線に乗る。

 大川の西と東では、土地の空気がはっきり違う。蚕が桑の葉を
食べるような、ちまちました散歩を続けて、体感できた。
 冬の光がきれいな一日だった。

 今週の新着欄です、よろしく。
  新着欄





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-01-14 13:19 | 雑録 | Comments(0)


<< 寒い、寒々しい      渡辺京二「逝きし世の面影」を少々 >>