2012年 01月 25日

見回り

e0030187_15154737.jpg









click to enlarge


 写真は、たしか、おかず横丁の路地。

 「PRISCILLA BOOKS プリシラブックス」の場所を間違って
書いていたので訂正しました。

 今日は、いらっしゃりそうとの予感が当り、お師匠さんが見回りに
来られる。店内がますます、けもの道化への道を辿っているので、
とても気が引ける。入荷と出荷のバランスが取れないので、とは
言い訳。売るのを諦めた本を、捨て続けるしか方法はない。

 帰るさ、お師匠さんの一言、
 「ま、がんばってね」

 大して代わり映えのしない本棚から、それでも見つけ出し、
買って行ってくださる、ありがたいお師匠さんである。恐縮。

 お師匠さんは、また、近々地震がありそうな気がすると仰る。
あれだけ大きな地震が起ると、その後2~3年間、大地震の
確率が高まる。

 地球に居候している人類のひとりとして、地震活動は受け入れ
ざるを得ないけれど、原発はひとの手で止められる。どれだけ
安定状態を保って止められるかは疑問だが、できることと言ったら、
それくらいだろう。





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-01-25 15:16 | 雑録 | Comments(0)


<< 吉田健一で口直し?      子母沢寛「お坊主天狗」読了 >>