2012年 01月 31日

風の中の散歩/荻窪

e0030187_15192913.jpg









click to enlarge


 今日と昨日のお天気が入れ替わっていたら楽勝だったのに。
 昨日はときおり冷たい風の吹く中、荻窪・大田黒公園を散歩。
角川庭園の案内表示を見て探したが、行き着いた先は前に入った
ことのある大田黒邸跡である。

 いつも変わらない静かな公園だ。広い池は、日影になった箇所が
凍っている。人の気配を知ると顔を出す、大きな鯉の群が見当たらない
と思ったら、凍った池面の下でゆっくりと泳いでいる。鯉は活動量を
減らして冬を過ごすのだろうか。

 洋館が公開されていたので入ってみる。一階・サロン部分だけ見られる。
ドアの高さが180cmくらいなのに驚く。ふすまサイズなのか?

 サロン天井は庭に面したところは低め、奥が高くなっている。家具やピアノ、
大田黒元雄の開催したコンサートのパンフレット(オリジナル)、第一書房刊の
著書のコピー、彼が撮った絵画調写真などが展示されていた。

 風が止まない。霜柱のある細長い道を戻る。霜柱を見たり踏んだりしたのは、
小学校以来みたいに思う。

 次は角川庭園の場所を確認してから、訪れてみよう。荻窪南口にはあまり
喫茶店がないのが、とくに寒い時期の難点だ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-01-31 15:20 | 雑録 | Comments(0)


<< ロバート・A・ハインライン「夏...      ジャック・フィニイ「完全脱獄」... >>