2012年 02月 09日

木村荘八終焉の地 補遺

e0030187_18421258.jpg









click to enlarge


 調べ魔のお客さまがいる。彼によれば、公営(都営)の火葬場は
都内に一カ所しかなく、ほとんど全部が「博善社」系である、と。
 つまり木村荘八のパパ、「いろは牛肉店」チェーンによる火葬場
経営がいまだに続いている、ということだ。

 町や街で生まれ育った木村荘八が、なぜ戦後、桜並木や小川の
流れる、杉並は和田堀村に暮らすようになったのか、「国破れて
山河あり」の境地で、彼の地を選んだのか、歳を取って自然に
目覚めたのか、などと想像していたが、木村荘八終焉の地の近くには
「博善社」が今も在る。
 旧居は「博善社」所有の土地ではなかっただろうか。

 木村荘八の伝記や年譜を調べれば、経緯が書いてあるかも知れないが、
今日、お客さまのひと言で、ハタと気づいたので書いておく。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-02-09 18:42 | 雑録 | Comments(0)


<< 間さんと間章のあいだ      「日本のホテル小史」を読みながら >>