2005年 11月 05日

「ハリスおばさんニューヨークへ行く」

e0030187_1623836.jpg








 書き忘れていたが、文庫版のジャケット画・挿絵・カットは 上田とし子である。
愛らしい。途中から飛ばし読み。もう少し違うタッチを期待していたのだけれど__
タイトルを例によって忘れているオグデン・ナッシュ(?これも自信がない)の
アメリカ人一家のパリ旅行ものみたいな感じかと予想していたが、やや教訓調?

 ミステリのお師匠さんがいらっしゃる。ブリーン「もう生きてはいまい」の話を
したら、やっぱり他のブリーン作品も持っておいでだ。今度貸して頂くことになった。
最初の3~4作はしっかり書かれて面白いけれど、あとはユルくなるそうです。パズルを
作るみたいな本格派は、そうそう秀作ばかりは続かない、ということだろうか。

 今日は晴れて散歩日和。静かな日々が続きすぎて くたびれ果てている、
週の始まりの亜種古本屋です。モチヴェイションを探せ!


新着本

クリックをお願いいたします!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-11-05 14:42 | 読書ノート | Comments(0)


<< やっぱり心配なので      森茉莉さんとお茶を (4)/「... >>