猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 22日

「我に益あり・西村伊作自伝」追加

e0030187_12443719.jpg









click to enlarge


 西村伊作は大逆事件の大石誠之助の甥でもあるので、警察から
尾行された経験がある。

 彼と弟にはアメリカ製モーターバイク、追う警官たちには自転車
しかない。スピードの差でもちろん勝つ。
 また、家宅捜索されるが、警官の目にはコーンビーフの缶詰が
爆弾の一種に見えて押収したり、西村からピストルはどうする?
と聞かれて、ようやく一応預かっておくと答えたりしている。
 暗い事件の話なので、ちょっとスラップスティック調を入れて
書かれている。

 昔はピストル所持にうるさくなかったらしい。銃刀法はもしかして
戦後の産物だろうか?


 昨日、書き忘れましたが、しばらく通信販売だけの営業です。
よろしくお願い申上げます。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-04-22 12:45 | 読書ノート | Comments(0)


<< 川本三郎「大正幻影」読了      あれやこれと/「我に益あり・西... >>