2012年 05月 17日

コリン・デクスター「ウッドストック行最終バス」読了

e0030187_13574033.jpg






click to enlarge


 もっぱら風俗小説への興味で読んだ。

 モース主任警部は、唐突に自宅の壁穴を修理しようと思い立ったが
因果で、脚立から落ち、足指を捻ってしまう。捜査中なのに。
 病院で診てくれたのは中国人の医師だ。たぶん健康保険の利く病院に、
外国人医師が増えた状況を表しているのだろう。(p95-96)

 モース氏の相棒であるルイス巡査部長は、
<黒っぽいスラックスに長い、厚いコートを着た背の高い>
<自然のものらしい長いブロンドの髪を背中の中ほどまでたらして>
いる女を見かけるが、
<美しいブロンドは美しいあごひげと、長い頬ひげをはやしていた。>
(p132下段)

 ミニスカートの女の子に長髪の若い男の70年代である。

     (HPB 76初)





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-05-17 13:57 | 読書ノート | Comments(0)


<< コリン・デクスター「ニコラス・...      気は心 >>