猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 10日

やっと1週間が終わる。

疲れただけの1週間かなあ。小売店の存在理由を改めて考えるが、必要ないんじゃ
ないだろうか?
 店を開けていればこそ、お客さまに出会える。「場」を続けることが小売店の意味
のひとつだけれど、ここまで静かな日々が続くと、疑問になってくる。

 夕方 散歩に出る。4時を過ぎると暮れて行くのが早い。まだ明るいうちに
神田川まで行こうと思うが、途中のペットショップに引っかかる。
 ショウウィンドウにヒマラヤンとアメリカン・ショートヘアの2匹、どちらも もう
子猫ではないが、巴になって互いに舐め合っている。家の猫たちとは大違いだ。やがて
少し若い?ショートヘアの方がヒマラヤンの腹に顔をつっこんで眠り始めるが、
ヒマラヤンはまだ舐め続けている。

 切りがないので、神田川へ。薄明かりが残っている。橋の下を蝙蝠が舞っている。
動体視力が低いので何度も確認したが、やはり蝙蝠だ。橋上や遊歩道のあちこちに
挨拶を交わす 犬の散歩の人たち。


クリックをお願いいたします!
本・読書ランキング[人気blogランキング]へ
[PR]

by byogakudo | 2005-11-10 15:04 | 雑録 | Comments(0)


<< 曇り日      通しタイトルのつもりだった・・・ >>