猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 24日

内田康夫「隅田川殺人事件」読了/横溝正史「髑髏検校」開始

e0030187_1652437.jpg









click to enlarge


 初めて読んだ内田康夫だ。わたし向きでないのが解った。
背景になる隅田川の資料を押さえ、川沿いに暮らすホームレス
たちや浅草の衰退など、風俗的要素も取り入れた、浅い土台の
上で物語(シノプシス)が進行する。
 大川関連本にはならなかった。

     (トクマ・ノベルズ 89初 J)

 『日本版ドラキュラ小説』の謳い文句に惹かれて、横溝正史
「髑髏検校」を読み始める。
 だけど、ああ、菊池信義の装幀が肌に合わない。表ジャケット
いっぱいに惹句を書かなくたって、いいじゃないか、袖に入れ
れば、あるいは裏ジャケットで。
 キャッチーであるための新しい表現方法を考えるデザイナかも
しれないが、計算ばかり見えてきて落ち着けない。静かに本を
読ませてくれ。

 小説は、楽しく読み始めている。壜の中の手紙から始まるんだもの。

     (講談社文庫 大衆文学館文庫コレクション 96初 J)
 





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-06-24 16:06 | 読書ノート | Comments(0)


<< ひさしぶり__長く海を見ない/...      白の諧調__「Série NI... >>