猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 30日

ギャラリーまぁる再訪:「山本弥 初個展 孵花展」

e0030187_1615535.jpg










e0030187_162841.jpg










e0030187_1621929.jpg










e0030187_1622991.jpg







click to enlarge


 Sが戻ってきたので、先週の二人展の写真が上げられる。まぁる
入口、バルコニー付近の写真です。

 昨日はひとりで恵比寿に行く。Sの風邪っけが治まらず、フライヤを
見て、
 「これ、すてき! 行ってみたい」と言っていた義母は腰を痛め、
わたしが代表して(?)、「山本弥 初個展 孵花展」へと、ギャラリー
まぁる
を訪れた。

 まぁる入口の樹々が、夏が少しずつ重くなる様子を見せる。緑が深く
なっていく。

 先週の空間と、打って変わった展示方法である。壁に取りつけられた
20数個の函に、フェルト素材の植物やキノコが、ひとつずつ納められ、
小石川植物園・柴田記念館を思い出す。

 入って右側に素材の説明として、無着色の羊毛(白と茶色)が置かれ、
シャーレが三つ並んでいる。
 羊毛を加工したフェルト、フェルトに薄い布をくっつけた状態、薄布の
繊維のすきまからフェルトの細い繊維が見える状態の三種である。
 理科室みたいで楽しい。

 現実に存在する、色や形をもつ植物を、無彩色のフェルト素材でどこまで
再現しながら表現できるか、の試みであろう。

 明日7月1日(日曜日)、4pmまで、です。 


 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄  





..... Ads by Excite .......
[PR]

by byogakudo | 2012-06-30 16:05 | アート | Comments(0)


<< 坪内祐三「一九七二」を読み始める      ひさしぶり__長く海を見ない/... >>