2012年 07月 14日

横溝正史「八つ墓村」読了/ブラックウッドとハインライン併読中

e0030187_14391356.jpg









click to enlarge


 村落中で対立する(と見える)二人をひと組にして、どちらか
片方が殺されてゆく幾何学的連続殺人事件。
 なまじ名探偵がいるから、殺人事件に拍車がかかるのではなかろうか
と言う感慨を持つが、ミステリは、そういう風にできているのだから、
前提を覆してはいけない。

     (角川文庫 1975年24版 フェア帯 J)

 大忙しの横溝正史月間にやや飽きたので、口直しでもないが、
まずブラックウッド怪談集に手をつけ、昨日の散歩で買ってきた
ハインライン「太陽系帝国の危機」に熱中する。
 ケヴィン・クラインが大統領の代役をする映画「デーブ」の
太陽系規模の前身、みたいな話だ。
     (創元推理文庫SF 1967年8版 J)

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 






..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-07-14 14:29 | 読書ノート | Comments(0)


<< ブラックウッド中断・ハインライ...      横溝正史「八つ墓村」1/3 >>