猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 31日

荻窪北口散歩

e0030187_13422812.jpg









click to enlarge


 いまだ暑さに慣れない。毎日、今日も行くの?とぼやきながら店に
来る。冬場は、中野通りを越えたあたりで身体も温まるので、20分
ほどの距離を歩いて来ていたけれど、夏はそうは行かない。熱中症
確実なので往復ともバスに乗る。

 昨日の定休日も暑過ぎて出かける気になれない。4時になってやっと
外に出る。まだ充分暑いんだけれど。
 地下鉄・東高円寺から荻窪へ。今回は北口方面にする。

 「邪宗門」が開いていたが、休憩にはまだ早い。通りを渡り、昔々、
月に一度は来ていた教会通り近くの住宅地を歩く。

 通りからひとつ入っただけなのに、西の東京のかけら、というべき、
静かでなつかしい住宅がぽつんぽつん、残っている。
 板塀を廻らせた郊外住宅、南洋趣味の名残である、大きく伸びた
シュロが見えるお家、小さな庭に大木が残るお家、などなどが、新建材
使用の2~3階建て・車庫付き・庭なし小住宅の合間に存在する。

 壊されるのを待つ和風住宅の奥には、ポンプ井戸が覗く。井戸水で
炊事されていたのだろうか。進入禁止の白い紐が張られていて、ちょっと
作品めく。

 木陰が見える。「天沼弁天池公園」。つくり過ぎず、広すぎない、
感じのいい公園だ。木立がカンスタブルの描く風景に見える。

 ここらで駅に戻ろう。大して歩いていないが、疲労度が高い。
 教会通りのかつての二軒は、どちらもどこにあったか解らない。
 商店街は高円寺ぽくなっている。古いクリーニング屋さん(たしか
「東京舎」とか入口に書いてあった。)やお豆腐屋さんと、おしゃれな
雑貨屋なぞとが、細長くうねる道筋に連なる。

 結局、駅前のドトールに休み、元気を出して南口・ささま書店へ。
夜、寝床で読む本を買って戻ったのが7pm。それでもまだ夕方の景色
である。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-07-31 13:42 | 雑録 | Comments(0)


<< 夏い!      獅子文六「てんやわんや」読了 >>