2012年 08月 11日

築地〜新川へ

e0030187_16394789.jpg










e0030187_16395764.jpg










e0030187_1640611.jpg










e0030187_16401459.jpg







e0030187_16402678.jpg










e0030187_16403528.jpg








click to enlarge


 昨日の午前中は病院の予約。おかげで、待合室の本棚から借りっ
ぱなしだった「やくざ親分伝」が、やっと返せた。今度行くときは、
なにか提供しよう。本なら売るほどある。

 午後、焦る(?)Sをなだめて、陽射しが多少弱まる3pm頃、出かける。
地下鉄・大江戸線で築地へ。6月5日に銀座の帰りに寄った「米本珈琲
本店」に、まず入る。朝の5時から営業なので4pmに閉まる。
 本格的な苦みがあるアイスコーヒーに感激。ホットドッグに添えられた
大壜のマスタードは粒入りだ。コーヒー豆を買って、慌ただしく去る。

 聖路加横の遊歩道から、どこへ行こう。新富町方向にする。2007年
晩秋の「小西真奈展」以来、ようやく来た。
 ビル街になっていても、まだ東の(下町の)東京のかけらはある。
白いのれんが涼しげなしもた家、竜宮城をイメージしたかのような木造・
2階建ての籠屋さん__バスケットボールのゴールまで店頭にあるのは、
籠の一種だから?__、路地も残っている。

 新富町から八丁堀(入舟1丁目)、湊と歩く。湊は、6月の「二人展」
でお目にかかったグラヴュール作家・芥川美千代さんの生まれ育った
土地だ。三代続けての明石小学校出身、とお聞きした。すばらしい。
 神保町の十三代目・神田っ子の女性と同じように、芥川さんも、
東京がよそものの知事や役人に、無神経に壊されてゆくのを嘆かれる。
 東京は外にひらかれた土地柄ではあるが、地元は存在する。わたしも
含めてよそものは、せめてその土地と生きてきた人々の持つ時間・記憶
を尊重し、愛をこめて接するべきだ。よそものの作法として。

 亀島川に掛かる南高橋から新川へ。隅田川テラスに下りて大川を見る。
このままテラスを進むと、長歩きしそうなので高橋へ引き返し、地下鉄・
八丁堀から戻る。夕飯の買物をして、6pmに部屋へ。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄 





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-08-11 16:44 | 雑録 | Comments(0)


<< コリン・デクスター「謎まで三マ...      パン抜きのサーカス >>