2012年 08月 15日

川本三郎「私の東京町歩き」もう少し

e0030187_14232739.jpg









click to enlarge


 バブル経済下の1980年代後半に書かれた町歩き集だ。
 関東大震災の後、雑音にめげない、優れた政治家と有能な役人(公僕)
たちとがプランを立て復興した東京は、第二次大戦でアメリカの空爆を
受ける。
 かろうじて戦火を免れ、戦後も続いてきた町が、内乱や内戦が起きた
わけでもないのに、経済性の名の下に殺されようとしている、その時期の
町歩きである。視線は後ろを向かざるを得ない。

 川本三郎はこの当時、40歳代だろう。身体的には強壮であったとしても、
少年期や青年期は意識の上での近過去、事実はもはや大過去である。
 過去を持つようになったとき、ひとは幼い頃や若い時期の記憶を刺激する
町をあるいは街を歩き始め、自らの情緒的・感覚的持続性を確かめようと
するのだろうか。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-08-15 14:24 | 読書ノート | Comments(0)


<< 川本三郎「私の東京町歩き」読了      長谷川伸「生きている小説」読了 >>