猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 06日

「東京百話」と「オックスフォード運河の殺人」併読

e0030187_14575689.jpg









click to enlarge


 種村季弘編「東京百話」は「天の巻」を終え、目下「人の巻」。
Sは「地の巻」がそろそろ終わる頃だろう。分冊アンソロジーは、
両方で同時に読み出せるからいい。

 写真の白鷺は、先だっての旧安田庭園の彼か彼女だが、水があれば
やってくる鳥もいる。神田川では不足かしら。

 コリン・デクスター「オックスフォード運河の殺人」は、モース氏が
入院中なので、読んでる方もゆっくりした気分になる。元気なときの
モースが、なんだかせわしい男に思えるのは、彼の頭の回転方法や
方向がせわしいのか。

(09月09日へ続く~)





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-09-06 14:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< 夏の新宿御苑      鈴木創士氏のコラム「第30回 ... >>