2012年 09月 12日

M・アンダーウッド「その犯罪は別」1/2+アルファ

e0030187_1617458.jpg









click to enlarge


 逃避傾向、止むことなく、HPBの入った段ボール箱に手を出す。
(古いHPBでアップしてないのがまだ少しある。新旧とりまぜ、
全部上げきるのに、あとどれだけかかるだろう?)

 乾信一郎訳は、明るいミステリが多い(と思う)ので、これに
してみた。予想通りだ。(HPB 1968初)

 静かな住宅地で殺人事件が起り、隣家に住む老夫人が観察力のある
ところを見せるので、マープルものの一種かと思ったら、観察役だけの
ようである。いまのところ。
 
 名探偵役は、昇進して、スコットランドヤードからエルウィック管区へ
転勤してきた、チャド主任警部だ。外部からやってきて、エルウィック署
生え抜きの警部より上級であることで、署内の居心地が良くないが、あまり
気にせずに自分の仕事をしていこうとしている。
 また家庭的なひとなので、十代の長男の、転校に伴うストレスを心配
したり、家庭を任せっきりの妻に時間を見つけて電話したり、いい父親
であり夫である。

 物語は地味に展開するが、
<例のガンの恐怖が問題になった時、妻のケートが、紙巻きをやめて
パイプにしなさいと、彼におしつけた>(P23下段)パイプを、しょっちゅう、
どこかに置き忘れては探すギャグが入る。

 1966年の原作発表時では、パイプ煙草は無罪視されていたようだが、
21世紀現在、すべての喫煙者は準犯罪者である。煙草にかかる税金を
払っているからって(葉タバコ農家のためにはなり、彼らの票を当てに
する政治屋のためにもなっているだろうが)、そんなものでは将来の
医療費負担額の足しにならないし、労働可能な年齢で病に倒れられては、
家族だけでなく、お国にご迷惑をかけかねない、駄目な存在だという
ことに決まった。

 そういう駄目な奴があれこれ言う権利はないかもしれないが、でも、
いまの政治屋連中のひどさには、ひと言、言いたくもなる。
 鈴木創士氏がツィッターで石原伸晃の悪口を書いていらしたが、
あたしも二三日前に文句をつけようと思っていた。

 杉並区に引っ越して憂鬱なのは、いたるところで、あの猿顔の
(おさるさん、ごめんなさいね。あなたたちはいいの。猿顔のヒトが
いけないのです。)石原伸晃ポスターを目にすることだ。胃に悪い顔
である。

 父も父なら息子も、あれだ。日本の政治家のレヴェルが低いのは、
昔からだけれど、ことに小泉純一郎以来の劣化の激しさは凄まじい。

 小泉改革の内容を聞いて、甘く見ても2%しか浮かび上がれない政策
だと思ったが、なぜか大多数の支持を得た。みんな、自分は上にいる・
いられると、不可解にも信じたのか、下積みの捨て石でいいとマゾヒズム
に奔ったのか、見当もつかない。
 ジュニア・ブッシュの前で、エルヴィスの衣裳を着けて腰を振って
見せた小泉純一郎。右翼でなくっても、国辱ものだと思うが、あれは
戦後日本がどんなに被植民地状態に置かれているかを表すパフォーマンス
のつもり、だったのか。純一郎とその息子に意図と感想を聞いてみたい。

 次世代・小泉純一郎の橋下徹への熱狂もわからない。膠着状態に窒息
しそうなのはお互いさまだが、変えてくれると他人に期待する根性が
わからない。変えるったって、どこに向うか具体的なヴィジョンと過程が
明らかにされないのに支持するなんて。いまより更に悪くなる可能性だって
あるではないか。

 数年前の夏の夕方、暑さに耐えかね、中野坂上のファミリーレストラン
で涼んでいた。隣の席から、やや中年になりたての男二人、話し声が
聞えてくる。わたしたちの席との間には観葉植物の鉢があるだけ、話は
筒抜けだ。

 「4年辛抱すればいいんだろう。また自民党政権に戻るんだからさ、
それまで何もせずに過してりゃいいさ」

 役人ふたりの会話であった。総選挙はその次の年だったが、彼らの
読みの通り、民主党政権が誕生し、衰滅のいまを迎えている。
 この有能さを公的に発揮する気にはならないか。いやしくも私僕では
なく公僕として税金から給料をもらっているのなら。
 親の期待に背かず、遊びたい年頃にも誘惑を退け、お勉強して、やっと
勝ち得た役人の地位である。公僕としての振舞いなんて、ちゃんちゃら
おかしい、か。

 東大赤門前の喫茶店・ルオーでも、
 「あたしたち、総務省勤めだもん、楽勝よね!」
と、我が世の春ぶりを傍若無人に発揮する、若い女ふたりを見たっけ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-09-12 16:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< 幻聴のキース      図太い夏 >>