猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 29日

四谷三丁目辺り

e0030187_1845647.jpg









click to enlarge


 昨日は四谷三丁目で地下鉄を降りる。左門町を歩いていたら、Sが
 「これ、『カフェ・クリヨン』じゃない?!」
 アパルトマン四谷1Fの「四谷バル」が、道順からいうとそうでは
ないかと言う。わたしは思い出せない。ここらの感じにも思えるが。

 路地の狭い階段を下りると、突き当たりに「須賀町遊び場」という
ほんとに小さな公園がある。手前の階段下には、右から左に「防火用水
忍町」と横書きに彫られたコンクリートの水槽が残り、植木鉢になっている。

 津之守坂入口で新宿通りを渡る。田辺茂一が、再婚したての父親の
ためには息子がいない方がいいだろうと孝心を発し、夜遊びに行って
いたのが、この辺りだろう。

 荒木町。すり鉢の底に降りると、また横にすり鉢の底が続いている
ような、路地と階段の迷宮的世界。
 湧き水かしら? 「むちの池」という池のある「津の守弁財天」
近くでは三味の音がする。神楽坂より荒木町がいいな。

 角を曲がると口に何かくわえて、小走りにやってくる猫。
 えらい! ネズミを取ってきた、赤い首輪のサビ猫だ。忙しそうに
去る。

 階段下、左側に「仲坂」、右に「昭和七年八月竣工」と刻まれた
石のあるかなり急勾配の階段。

 杉大門通りから舟町へ。新宿御苑・片山東熊門に近いタリーズで
休憩。「昭文社」をのぞいて戻る。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-09-29 14:44 | 雑録 | Comments(0)


<< 忘れもの/臨時休業      亜湖さんの舞台 >>