2012年 10月 04日

謎のキャッチコピー

e0030187_1310124.jpg









click to enlarge


 買取本に瀧井孝作「俳人仲間」があった。筒紙というのか、帙の
上から紙が巻いてあり、上部に作者名・タイトル・定価・出版社、
下部に次のような内容説明が記されている。

<明治四十二年、山間の小さな町の魚問屋の小僧が俳壇の大家河東
碧梧桐に出会ひ、新しい俳句の才能を発掘されて句作にはげみながら、
一方では性にめざめて年上の芸者との可憐な愛欲生活に溺れ込んで
ゆく。[以下略]>

「年上の芸者との可憐な愛欲生活」って、どういう情況だろう?
想像がつかない。本文を読めばわかるのだろうか?





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-10-04 13:10 | 雑録 | Comments(0)


<< 鈴木創士氏のコラム・大竹伸朗「...      ニコラス・フリーリング「アムス... >>