2012年 10月 23日

築地・勝鬨/セットバックする散歩

e0030187_1519276.jpg










e0030187_1437254.jpg







click to enlarge


 昨日は1pmに東銀座にいた。釆女橋方面から築地市場へ向う。
 今日こそ、閉店時間まで余裕がある「米本珈琲本店」でゆっくり
しよう。と思って行ったら、平日の午後の「米本珈琲」は中も外も
客でいっぱいだ。別に祭りをやっているわけでもないのに、人々の
表情はお祭りのときのそれである。
 表の卓でアイスコーヒーを飲む。晴海通を行き交う車の音を、
やかましいとは感じない。天気も悪くない。ただ開放感だけ感じる。

 勝鬨橋を月島方向に渡りかけて、河口側がうつくしく煙ぶっている
ので戻って反対側を歩こうと思うが、渡り直す前に、築地市場外れの
一帯をうろつく。
 路地の古い木造モルタル(今はしもた家)を撮っていたら、住人の
男性から声をかけられる。
 「ここらは焼け残ってね。もう古くて古くて。全部建て直してビル
になるんだろう」

 築地市場が豊洲に追いやられても、ここの風通しのよさは保たれる
だろうか。記憶を持つ土地に住み続け、仕事を続けて来た人々がこの
町を作って来たのだが。
 わたしは成功した再開発の例を、ほとんど知らない。

 勝鬨橋を渡り、いったんテラスで涼む。月島川の水門から細い道を
進む。この運河のテラスは距離は短いけれど、水辺に最接近できる。
月島川脇のアパートの人たちに利用されているのだろう。

 3・11のとき休憩した勝どき駅近くのドトールで休み、3:30pm頃、
東の東京を去る。
 出かけるときは靴が気に入らなくて履き替えに戻ったり、勝鬨橋を
途中から戻ったり、セットバックする散歩の日だ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-10-23 14:38 | 雑録 | Comments(0)


<< 10月はやっぱり長い      「調光展」と「日月堂」に行く >>