2012年 10月 30日

東松原でグランヴィルを買う

e0030187_1415356.jpg









click to enlarge


 昨日は風が強かったが晴れている。ちょっと散歩したい。
 Sが東松原を思い出した。ある春の日、車中から見えた商店街の
たそがれ方が良く、いつか歩きたいと思って忘れていた。
 陽射しがきれいだ。光りあるうちに歩め。

 駅を降りたら、いきなり、ひなたぼっこに出てきた猫に会う。
続けざまに二匹目の猫さん(写真の猫)。

 商店街の角から古本屋が見えた。つい、ふらふらと入って行く。
「中川書房」だ。グランヴィル(1970年のイタリア語版)があり、
帰りに寄りますと、取置きをお願いする。

 東松原は、渋谷に向ってうねりながら滑り落ちてゆくような地形だ。
細い道、短い坂が幾度も現れる。住宅地も、まだ新建材で建て直されない、
昔の感じの建物が残っている。

 煉瓦塀を何度か見かけてうれしくなる。かなりセメントで補修されて
いるが、ほんとの煉瓦を使った塀だ。やや崖地を煉瓦で補強して、住宅が
建ててある。

 狭い道の右側の家と家の隙間に、暗渠化されない、かつての溝川が
残っていた。道の左側に唐突感のある板塀が立ち、道との隙間に溝川の
続きが見える。川の行く末が気になって塀を覗き込んだら、民家の庭
だった。お庭の下で暗渠になるのかしら。

 お地蔵さんの角から見える空き地に惹かれて行ってみる。四角い敷地の
真ん中に古びたお稲荷さんが祀られている。古い大きな樹が二三本、入口
と奥にあるだけで、なんというお稲荷さんなのか、名前を示すようなもの
は何もない。やたらパワフルな一画だ。
 お地蔵さんの隣がお寺のようなので、たぶん関係してるのだろう。

 「中川書房」に戻り、グランヴィルを受取って帰る。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-10-30 13:48 | 雑録 | Comments(0)


<< タッカー・コウ「刑事くずれ」+...      タッカー・コウ「刑事くずれ」半分強 >>