猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 25日

パトリック・クェンティン「悪女パズル」を読み始める

e0030187_17243975.jpg






click to enlarge


 写真は、東松原の溝川の果て。塀から先は、民家の庭の暗渠になる。たぶん。

 そういえば「俳優パズル」が読んだ直後に売れたんだった。精神
分析医が出てきたことしか覚えてない。「俳優パズル」の次の次に
ダルース夫妻(という名前も勿論忘れていた)が探偵役を勤めるのが、
この「悪女パズル」(扶桑社ミステリー 2005初 J)であるらしい。

 お金持ちで美人で性格の悪い女たちが登場しきった辺りで、もう一冊、
ブリス・ペルマン「顔のない告発者」(創元推理文庫 1985初 J)にも
目を通してみる。こちらは、やや暗そうか?

 体調と心が下がり気味なので、逃避傾向が強まる。






..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-11-25 17:27 | 読書ノート | Comments(0)


<< パトリック・クェンティン「悪女...      ジョルジュ・シムノン「13の秘... >>