2012年 11月 28日

ブリス・ペルマン「顔のない告発者」読了

e0030187_13162591.jpg









click to enlarge


 暗いのかしらと予想していたら、1970年代のフランス映画タッチ__
その頃流行りの風俗描写がほほえましい、佳作だった。原作が刊行された
のは1983年だが、あのタッチはまだ続いていたと見える。

 ブルジョア夫人が交通事故で死亡したと報道された直後に、事故ではなく
殺人だと告発する手紙が警察に届き、捜査が始まる。 

 ブルジョア家庭の住込みの女中さんは、若くて美人、女優志願。警察の事情
聴取の帰るさ、自分にタクシーをおごり、ほっとして車内で火をつける煙草が、
ポールモール。
 彼女を調べたクレマン警部もポールモールを吸う。

 外国製品に対するスノッブな愛好癖は、どこの国にもある。タイトルも中身も
忘れたイギリス映画の中では、「このネクタイ、イタリア製だぜ」と自慢していた。
 ポールモールも、その口であろう。

 車の名前も出てくるが、こちらは車に強くないので、どういう記号効果がある
のか、よくわからない。

 警察が聞込みに出向くブルジョア家庭の、それぞれの室内装飾や着ている服も、
手抜かりなくまめに記述され、ステイタスを示す。すぐさま映画にできそうだ。

 タクシーの中でほっとする女中さんの描写なぞは、映像化し難いだろうが。

<クレマン警部は彼女の好みの男性のタイプに一致していた。態度が丁寧
 (ていねい)で、好意的でさえあった。女性の美しさに対して抱いている
 関心を隠そうとしなかった。いや隠し切れないでいたと言ったほうがいい。
 男性と対する場合、いつもそうなるのだった。女性が社会を動かす日が来たら、
 ジュリエット・エルバンには成功するチャンスはないにちがいなかった。>(p50-51)

 妻を亡くしたブルジョア男性が、自宅で女中さんにかけさせるレコードが、
アルビノーニ。クレマン警部もアルビノーニがお好きなそうで、そういう雰囲気
いっぱいのミステリ。

     (創元推理文庫 1985初 J)

2017年1月15日へ~





..... Ads by Excite ........
 
[PR]

by byogakudo | 2012-11-28 13:17 | 読書ノート | Comments(0)


<< webでルイズルイス加部「気ま...      パトリック・クェンティン「悪女... >>