猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 05日

鈴木創士コラム「第33回 ギー・ドゥボールの映画の余白に」

e0030187_13522092.jpg









click to enlarge



 先月は当ブログに転載できなかったけれど、今月の鈴木創士氏の
コラムは「第33回 ギー・ドゥボールの映画の余白に」です。

 シャトーブリアン、わたしが生きているうちに読ませてください。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-12-05 13:52 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by 中田虫人(むしんど) at 2012-12-16 19:16 x
時々ながら拝見しています。「お気に入り」にも勝手ながらあげさせてもらっています。はじめは男の方かと思っておりましたが…。
「阿佐ヶ谷住宅」面白く読みました。推理小説にはうとく、知識があればもっと楽しめるのだろう、と残念でもあります。また、見させて頂きます。
Commented by byogakudo at 2012-12-16 20:04
どうもありがとうございます。
妄想の「阿佐ヶ谷住宅」計画は悪くないプランだと思うのですが、残念ながら日本では参加する政治家なぞ、いないでしょうし、「市民」は未だ存在してないんじゃないかと思われます。萌芽はあるかもしれませんが。


<< ディクスン・カー「眠れるスフィ...      D・E・ウェストレイク「361」読了 >>