2012年 12月 28日

冬休み行状記 1 (2012年度末)

 やっと冬休み気分になる。なんだかだとあって休業を早めたのが
一段落して、どうやらお休みらしくなってきた。

 カーター・ディクスン「五つの箱の死」(HPB 1993年3班 VJ 復刊帯)
読了。ヘンリー・メリヴェール卿とフェル博士の区別がつかないけれど、
これもドタバタ+メロドラマだった。
 今夜はニコラス・フリーリング「雨の国の王者」にするか、E・R・ジョンスン
「シルヴァー・ストリート」か、重いけれど(重量が)R・H・ファン・フーリク
「中国のテナガザル」をベッドに抱えてゆくか。

 webでの佐藤薫氏の対談が面白かった。いつ行われた対談なのかデータが知りたい。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2012-12-28 20:04 | 雑録 | Comments(0)


<< 冬休み行状記 2 (2012年度末)      E・リチャード・ジョンスン「モ... >>